MENU

顎の黄ニキビの治し方〜早く治す方法

顎の黄色ニキビの治し方として、早く治す方法にはいくつかの種類があります。

 

ホルモン療法

ホルモン療法とは医療での処置であり、しつこい顎の黄色ニキビも、根本的に改善をしていく治療方法です。ニキビが黄色くなるまで悪化してしまうのは、そもそも体内のホルモンの乱れがいけないわけですから、そこから治してニキビなどの肌状態を改善させるわけです。

 

顎の黄色ニキビも、そもそもはホルモンがアンバランスなのが理由です。男性ホルモンが優位に働いていますので、過剰な皮脂分泌で皮脂が多く毛穴につまり安くなります。その量が多すぎるのですから、ニキビは治らないままです。

 

アルダクトン錠

アルダクトン錠とは、最初からにきび治療に使われていたわけではありません。降圧剤や利尿剤として使われていたお薬であり、原発性アルドステロン症や高血圧症の治療にも使われます。では何故、ニキビ治療にも登場したかというと、男性ホルモンのアンドロゲンレセプターへの阻害作用があることがわかったためです。アルダクトン錠の持つその作用を利用することで、男性ホルモンの過剰な働き自体をセーブさせることができるために、ニキビ治療にも効果を発揮できることになります。

 

そんなニキビ治療の手助けをしてくれるアルダクトン錠ですが、副作用として考えられるのは、いくつかのパターンがあります。女性の場合だったら、生理不順だとか、乳房痛なども考えられます。ほかにも低血圧や不正性器出血に、頻尿やうつなどが一般的なものです。ですが、適用量を医者の説明通りに飲む分には、それほど心配はないものです。

 

低用量ピル

顎の黄色ニキビの治し方として、低用量ピルを用いた方法もあります。低用量ピルとは経口避妊薬であり、妊娠を避けることができますし、生理周期を安定させることにもなります。低用量ピルを飲むことで、体内の男性ホルモンに働きかけて、皮脂の過剰分泌をセーブさせることができますので、ニキビ治療にも大きく貢献をしてくれることになります。

 

 

顎の黄色ニキビ薬の効果と副作用

顎の黄色ニキビ薬には様々な種類の薬があります。それぞれ効果もありますが、使うことによって生じる副作用もあります。今回、それらの幾つかの効果と副作用を紹介いたします。

 

ディフェリンゲルの効果と副作用

まず、ニキビ薬として知られているディフェリンゲルの効果とは、肌のターンオーバーを強制的に活性化します。ニキビの原因の一つはターンオーバーの乱れにより古い角質が肌に残るため、毛穴詰まりを起こしやすくすることにあります。また、そのような状態ではニキビができても肌の再生がうまくいかないため、治りも遅く跡になりやすくなっています。しかし、ディフェリンゲルはそんな乱れたターンオーバーを促すため、ニキビやニキビ跡が治りやすく、またニキビになりにくい肌を作ることができます。しかし副作用もあります。ディフェリンゲルの副作用とは、使い始めの数週間はヒリヒリ感や乾燥が気になったり、皮がポロポロ剥けるといった症状です。しかし、使い続けるうちにそれらの症状は落ち着いてきます。

 

ダラシンTゲルの効果と副作用

次にダラシンTゲルの効果とはすでにできているニキビの炎症を抑えることができます。抗生物質でニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を殺菌するので、ニキビによる赤みや痛み、化膿といった症状を抑制して治すことができます。そんなダラシンTゲルの副作用とは乾燥や赤み、ツッパリ感が生じることです。使用する際はニキビの箇所だけに塗布するようにして下さい。

 

ベピオゲルの効果と副作用

そしてベピオゲルの効果とはピーリング効果と抗菌作用です。ディフェリンゲルと同様にターンオーバーを促すため、ニキビができにくい肌作りができます。同時にアクネ菌などの増殖も抑えることもできるので、抗生物質を別に使用する必要がありません。そんなベピオゲルの副作用とは使い始めの数ヶ月はヒリヒリ感や乾燥、皮膚がポロポロ剥ける症状が出ます。個人差はありますが、次第にこれらの症状は落ち着いていきます。

 

ミノマイシンの効果と副作用

そしてミノマイシンも服用するニキビ薬として知られています。そんなミノマイシンの効果とは、抗生物質なのでニキビの原因であるアクネ菌や雑菌を殺菌し、症状を抑えることができます。しかし、殺菌だけなのでニキビ跡には効果はありません。そんなミノマイシンの副作用とは、服用により消化器系の症状が現れることです。腹痛や下痢を生じたり、胃が荒れる方もいます。
このようにニキビ薬には様々な種類があり、効果や副作用もそれぞれ違います。使用の際は医師に自分の症状に合ったものを処方してもらい、用法・用量を守ってお使い下さい。